NYダウ平均株価 2営業日連続で最高値更新 景気先行きに期待感

週明け8日のニューヨーク株式市場は、景気の先行きへの期待感から買い注文が出て、ダウ平均株価は2営業日連続で最高値を更新しました。

8日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価の終値は、先週末に比べて104ドル27セント高い3万6432ドル22セントと、2営業日連続で最高値を更新しました。

アメリカ議会下院で5日、道路や橋を整備する総額110兆円規模のインフラ投資法案が可決されたことを受け、景気の先行きへの期待感から買い注文が出ました。

また、IT関連銘柄の多いナスダックの株価指数も上昇し、8営業日連続で最高値を更新しました。

市場関係者は「インフラ投資法案の可決を受けてアメリカ経済の回復が今後も続くという見方が強まり、株式に資金を振り向ける投資家が多かった」と話しています。