巨人が阪神に先勝 セ・リーグ クライマックスシリーズ 第1戦

プロ野球、セ・リーグのクライマックスシリーズファーストステージの第1戦で巨人が4対0で阪神に勝ち、ファイナルステージ進出に王手をかけました。
第2戦の予告先発は、阪神が最多勝と最高勝率の2つのタイトルに輝いた青柳晃洋投手。巨人は11勝をマークした高橋優貴投手です。

セ・リーグのクライマックスシリーズファーストステージは、甲子園球場で6日
から始まり、2位の阪神と3位の巨人が対戦しました。

試合は0対0の5回に巨人の先頭、4番の丸佳浩選手が内野安打で塁に出たあと5番のウィーラー選手が来日7年目で初の送りバントを決めてチャンスを作りました。

その後1アウト一塁三塁となって7番・吉川尚輝選手のタイムリーで先制しました。

続く6回は2アウトから一塁二塁としウィーラー選手のセンターへのフェンス直撃の2点タイムリーツーベースでリードを広げました。

投げてはエースの菅野智之投手が阪神打線を相手に7回をヒット2本無失点と好投し、リリーフ陣も得点を与えず巨人が4対0で第1戦を制しました。

巨人はファイナルステージ進出に王手をかけ、7日の第2戦に勝てば進出が決まります。

一方の阪神は、先発の高橋遙人投手が4回まで巨人に二塁を踏ませない上々の立ち上がりを見せましたが、中盤に粘りきれず、打線も無得点とふるいませんでした。

巨人エース菅野が圧倒的な投球

3位からの日本一を目指す巨人はエース・菅野智之投手がレギュラーシーズンのうっぷんを晴らすかのような好投でチームに勝利を呼び込みました。

菅野投手は3年前のクライマックスシリーズでノーヒットノーランを達成していて、6日も150キロを超える速球を軸に鋭い変化球をコースに投げ込み4回までパーフェクトに抑えるなど7回をヒット2本無失点と圧倒的な内容でした。

今シーズンは右ひじの違和感などで出場選手登録を4回抹消されて6勝7敗に終わり東京オリンピック日本代表も辞退しました。

レギュラーシーズン終了後は実戦形式でのバッティング練習で調整を続け、「体も休められたし万全の調子。球数を意識しないでいけるところまでいく」とコンディションのよさを口にしていました。

6回2アウト二塁三塁とこの試合唯一のピンチで最多安打のタイトルを獲得した阪神の近本光司選手を迎えました。

今シーズンは打率5割と打ち込まれていて「阪神打線で注意しないといけない」と警戒を強めていた3番バッターをキレのある変化球で打ち取り、得点を与えませんでした。

2冠王の4番・岡本和真選手がコンディション不良でベンチ入りできないという厳しい状況の中でエースが試合の流れを作り、打線も中盤以降、効果的に得点をあげました。

「中3日、中4日も覚悟している」と話していた菅野投手。

短期決戦でエースが存在感を発揮しました。

阪神 高橋 レギュラーシーズンの悔しさは晴らせず

クライマックスシリーズ初戦の先発を任された阪神の高橋遙人投手。

6回3失点で負け投手となり、けがで出遅れた今シーズンの悔しさを晴らせませんでした。

4年目の高橋投手は入団直後から将来のエースと期待され、最速150キロを超える力のあるストレートを軸にバッターを抑え込み、大器の片りんを見せてきました。

しかし、たび重なるけがもあって過去3年はシーズン最多で5勝止まり。

ことしもキャンプで右脇腹を痛め、その後も腕のコンディション不良で2軍生活を余儀なくされました。

それでも9月に1軍に昇格すると、シーズン終盤の優勝争いの中、2試合連続で完封勝利をあげる活躍を見せました。

クライマックスシリーズに向けて高橋投手は「チームの力になれない時間が本当に長く、期待に応えられず本当に申し訳ない。悔しいです」とけがで出遅れた悔しさをぶつける覚悟でした。

今シーズン、16イニング無失点の巨人を相手に初戦の大役を任された高橋投手。

「気負わず投げる」と序盤からコントロールよく投げ込んで4回までヒット1本に抑えました。

しかし、5回、2本のヒットでこの試合初めてピンチを招き、巨人の7番・吉川尚輝選手のタイムリーで先制点を与えました。

続く6回も巨人のウィーラー選手に2点タイムリーツーベースを打たれた高橋投手。

6回3失点で負け投手となり、レギュラーシーズンの悔しさは晴らせませんでした。

巨人 菅野「0点に抑えよかった」

7回無失点で勝ち投手になった巨人の菅野智之投手は「立ち上がりを気をつけていて、うまく立ち上がれたので、それなりに抑えることができるのではないかと思っていました。阪神の高橋遙人投手はここまで巨人に1点も取られていないので投手戦になると予想していて、0点に抑えることができてよかった」と振り返りました。

また、上半身のコンディション不良で欠場した岡本和真選手について「岡本選手本人がいちばんつらい思いをしていると思うしここまでこれたのは岡本選手のおかげなので、なんとか勝ち進んで彼が打席に立つのを見られるようにやっていきたい」と話していました。

巨人 原監督「先手取れたの大きい」

クライマックスシリーズファイナルステージ進出に王手をかけた巨人の原辰徳監督は「先手を取れたというところが非常に大きかったし、非常に良い攻撃ができた」と振り返りました。

また7回無失点の好投を見せたエース・菅野智之投手については「きょうは切れ味が鋭いというか非常に良いピッチングでした」とたたえていました。

7日の第2戦に向けては「先勝できたということはありますけど、あしたは新たなあしたということで戦っていきます」と気持ちを引き締めていました。

阪神 矢野監督「点取らないと」

第1戦に敗れた阪神の矢野燿大監督は、6回3失点で負け投手となった先発の高橋遙人投手について「いつもよりはちょっとコントロールがよくないように見えたが、立ち上がりは状態良く投げていた」と話していました。

そして「やっぱり点を取らないと勝てないので、そこは一番の負けた原因かなと思う。あした負ければ終わりですし、勝って次にどう持ち込むか、それだけを考えてやりきっていきます」と話していました。

第2戦の予告先発

第2戦の予告先発は、阪神が今シーズン13勝をあげて最多勝と最高勝率の2つのタイトルに輝いた青柳晃洋投手。

巨人は11勝をマークした高橋優貴投手です。