「絶滅を選ぶな」グレタさんら COP26会場周辺で大規模デモ

国連の気候変動対策の会議「COP26」が開かれているイギリス・グラスゴーでは、5日にスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさんも参加して、大規模なデモが行われました。

イギリスのグラスゴーで開かれているCOP26は5日が「ユースデー」とされ、スコットランドの若者団体が呼びかけて大規模なデモが行われました。

地元のメディアは数千人が参加したと報じていて、参加した人たちは「絶滅を選ぶな」とか「いますぐ行動を」などと書いたプラカードを掲げ、大通りを埋め尽くすようにして行進しました。

子どもたちの姿も目立ち、10歳のモーベン・ガードナーさんは「将来私たちは大人になります。今の状況を次の世代に渡したくないんです」と話していました。

スウェーデンの活動家、グレタ・トゥーンベリさんもデモに加わり、大勢の若者たちと一緒に行進したあとゴール地点でスピーチし「COPは美しいスピーチを述べるPRイベントになってしまった。しかし各国のリーダーたちはカーテンの後ろで抜本的な行動を拒絶している」と述べ、現状の取り組みでは不十分だと訴えました。

COP26では、世界の平均気温の上昇を1.5度に抑えることを参加国が一致して目指せるかが焦点で、来週から始まる閣僚級の会合で交渉が本格化します。