知的障害者施設付近に 赤いペンキのようなもの まかれる 横浜

5年前、19人が殺害された相模原市の知的障害者施設の利用者が暮らす横浜市内の施設の入り口付近の道路に、赤いペンキのようなものがまかれているのが見つかり、警察と神奈川県が詳しく調べています。

神奈川県によりますと、5日午前7時ごろ、横浜市港南区にある県の知的障害者施設「芹が谷やまゆり園」の入り口付近の道路に、赤いペンキのようなものがまかれているのを出勤してきた職員が見つけ、警察に通報しました。

警察が現場を確認したところ、一部は施設の立て看板の土台部分にかかり、すぐそばには容器とみられる瓶が割れた状態で落ちていたということです。

この施設は、相模原市の「津久井やまゆり園」で5年前、19人が殺害された事件を受け、ことし8月まで利用者の仮の移転先として利用され、現在も、利用者の一部が暮らしています。

県と警察によりますと、この施設では、ことし8月にも窓ガラスが瓶で割られているのが見つかったほか、先月にも、施設の中で割れた瓶が見つかったということです。

警察と県が詳しい状況を調べるとともに、付近をパトロールするなど警戒しています。