甲羅に何が?アオウミガメ救出 鹿児島 加計呂麻島沖合

鹿児島県の奄美大島の南にある加計呂麻島の沖合で、泳げなくなっているアオウミガメをダイバーたちが見つけ救出しました。泳げなくなっていた原因とみられるのはアオウミガメの甲羅に付着していた“あるもの”でした。

加計呂麻島のおよそ800メートルの沖合で2日、イルカの生態を調査していた「奄美クジラ・イルカ協会」のダイバーたちが海面近くでもがいているアオウミガメを見つけました。

網で引き上げて救出すると体長50センチほどのアオウミガメの甲羅に、およそ20センチの「テングガイ」が付着していていました。
その重みでバランスが崩れ、泳げなくなっていたものとみられます。

このアオウミガメを発見し、海洋生物を研究している興克樹さんによりますと、アオウミガメはサメなどの外敵に襲われないよう岩場に隠れて眠る習性があるため、テングガイが岩と間違えて眠っているアオウミガメの甲羅に付着した可能性があるということです。

ダイバーたちがテングガイをはがして海に放すと、アオウミガメは泳いでいきました。

興さんは「ウミガメの甲羅にフジツボが付くことはあるが大型の貝が付着するのは極めてまれな事例だと思う。貝が重りになって体を水平にするのが難しい状況だったので、呼吸するのが難しくなっていたと思う」と話していました。