アナログレコード “世界的な人気” 生産現場はフル稼働

アナログレコードの人気が止まりません。インターネットの音楽配信サービスが全盛となりCDの売り上げが落ち込む中、レコードの生産額はこの10年で12倍に増えています。高まるレコード人気で生産現場はフル稼働の状況が続いていて、以前より納品に時間がかかるケースも出てきています。

日本レコード協会によりますと、アナログレコードの生産額はCDに取って代わられる形で2010年には1億7000万円まで落ち込みましたが、その後、新曲をレコードで発売する人気アーティストが増えたこともあって回復基調となり、去年の生産額は21億1700万円と、この10年で12倍に増えています。

ソニーグループの企業は1989年にレコードの生産事業からいったん撤退しましたが、高まる人気を背景に3年前から静岡県焼津市にある工場で29年ぶりにレコードの生産を始めました。
ことしの受注は去年の2倍に増えたということで、8月からは土日や祝日も休まずに工場をフル稼働させ24時間体制で生産にあたっています。

また別のレコードメーカーでも工場のプレス機をフル稼働して生産にあたっていますが、高まる需要に供給が追いつかず、これまで1か月ほどだった納品までの期間が4か月ほどかかるケースも出てきているということです。
「ソニー・ミュージックソリューションズ」の青木功雄さんは「土日も含めて3交代制で24時間フル稼働となっていて8月末からピークになっている。生産枚数も年々増えていて大変ありがたく思っている」と話しています。

専門店 相次ぎオープン

高まる人気で、アナログレコードの専門店も相次いでオープンしています。

このうち音楽ソフト販売大手の「タワーレコード」は、ことし9月、東京 渋谷にアナログレコードの専門店をオープンしました。
店には新品や中古のアナログレコードおよそ7万枚がそろえられています。
会社によりますと全国75の店舗全体のことしのレコードの売り上げは、おととしのおよそ2倍に増えているということです。

ここ数年は国内外の人気アーティストが新曲を発表する際に、CDとレコードを同時に発売する動きが広がっていて20代をはじめとした若い世代を中心にレコード人気が高まっているということです。

店に来ていた20代の男性は「1、2年前に好きなバンドがレコードを出していることを知って買ってみようと思いました。ジャケットが大きいので映えますし、手間をかけて音楽を聴く感じがよくてハマっています」と話していました。
タワーレコード渋谷店の青木太一店長は「店には若い方から長年レコードをたしなんでいる方まで多くの方に来ていただいているので需要が高まっているのだと思います。この勢いは止まらず、まだ続くと思います」と話していました。

レコード需要 世界的な高まり

海外ではレコード人気がより鮮明になっています。
アメリカでは去年、1986年以来34年ぶりにレコードの売り上げがCDを上回ったほか、イギリスでも去年の売り上げが1989年以降で最も多くなっていて世界的にレコードの需要が高まっています。

日本の中古レコード “保存状態よく” 世界で人気に

世界的に需要が高まる中、日本の中古レコードに注目が集まっています。
横浜市の輸出会社は4年前から日本で買い取った中古レコードを海外に輸出しています。
毎月3万枚ほどのレコードをコンテナに積み込んで、ドイツの拠点に運んでいて、ドイツにある倉庫には日本から届いたおよそ20万枚の中古レコードが保管されています。

日本で発売された洋楽のレコードのほか、山下達郎さんや、竹内まりやさんなど1970年代から80年代にかけて発表された「シティ・ポップ」と呼ばれる日本のアーティストのレコードも人気だといいます。

日本の中古レコードが世界で人気を集める理由の1つが、その保存状態のよさです。
欧米で出回っている中古レコードに比べて傷が少ないものが多く、帯の付いたジャケットなど貴重な商品も多いということです。

インターネットで世界中から注文を受け付けドイツの拠点から配送することで日本から送るよりも配送料を抑えることができるということで、去年の売り上げは2年前の2倍以上に増えたということです。
輸出会社「イザード」の小坂ランゲ由維社長は「底がないくらいに需要があり仕入れさえすれば絶対に売れる状態だ。日本人のこまやかさというか30年前に買った物がどうしてこんなにきれいな状態で保管されているのかと不思議なことも多く、日本だから成立するビジネスだと感じている。日本に中古レコードがあるかぎり集めて世界中に送りたい」と話しています。

こうした中、中古レコードの買い取り事業に参入する企業も相次いでいます。
着物やブランド品などの買い取りを手がける東京の企業は、ことし9月から新たに中古レコードの買い取りを始め、先月、横浜市の輸出会社におよそ1000枚のレコードを卸しました。

バイセルテクノロジーズの大野直之さんは「同業者もレコード買い取りに参入しているがレコードは世界的に人気が高まっているので、うちの会社にもチャンスがあるとして買い取りを開始した。コロナで在宅の時間が増える中で断捨離でレコードを処分される方も多くなっている」と話しています。

原油価格の上昇でレコードの原材料価格が高騰

好調なレコード市場ですが、世界的な原材料価格の高騰にみまわれています。レコードの主な原材料となる塩化ビニル樹脂の価格が原油価格の上昇を背景に急激に値上がりしているのです。

化学メーカー各社は、ことしに入って相次いで値上げをしていて、このうち信越化学工業は国内向けの販売価格を今月21日の納入分から過去最大となる1キロあたり40円以上の値上げすると発表しました。
値上げはことし3度目になります。

アメリカでも先月の市況価格が1トンあたり2022ドルと、おととしの同じ月の2倍以上になっています。

ソニーグループの企業の工場でも、この夏にメーカーから塩化ビニル樹脂の価格を5%値上げされたばかりで今後の影響を懸念しています。
「ソニー・ミュージックソリューションズ」の青木功雄さんは「材料費が値上げされれば利益が少なくなるので、少しでも安く仕入れたい。ただ、今後の価格上昇については余談を許さない状況で、今後の状況を注視しながら、レコードの価格を値上げするかどうか慎重に判断していきたい」と話しています。