弥生人のそっくりさんいませんか?鳥取県が募集中

鳥取市で脳が残された状態で出土した人骨の詳細なDNA分析を国立科学博物館などの研究グループが行い、その結果を基にした弥生人の顔の復元が初めて行われました。
鳥取県は、この弥生人にそっくりな人の募集を始め、話題を集めています。

鳥取市の青谷上寺地遺跡では2世紀ごろの弥生時代の人骨が大量に出土し、このうち3体の頭蓋骨からは当時の人の脳が残されているのが国内で初めて見つかりました。

国立科学博物館などの研究グループは人骨からサンプルを採取して詳細なDNA分析を実施し、最も脳の保存状態がよかった1体から得られた遺伝情報などから、新たに弥生人の男性の顔を復元しました。

それによりますと、この弥生人の父親は以前から日本列島にいた縄文系、母親は大陸からの渡来系だとみられ、本人はやせ型で髪の毛が太いことが分かったということです。

顔の復元模型が地元の施設で公開されると、ネット上ではJリーガーや身近な人に似ているという声が相次ぎ、反響が大きかったことから鳥取県はこのほど、全国から「そっくりさん」の募集を始めました。

県は応募の中から10人を選考して“初代国民”として登録し、来年5月には「青谷弥生人大集合」ツアーに招待して、そっくりさんグランプリを決定するとしています。

鳥取県の平井知事は「日本人のルーツを考えるためにも、ぜひ多くの人に青谷上寺地遺跡を訪れてもらいたい」と話しています。