マツダ ドライバーの異変検知で自動停止 機能搭載車を来年販売

自動車メーカーのマツダはドライバーの体調が突然悪くなった場合に、自動運転で停止するシステムを搭載した車を来年から販売することになりました。

このシステムは、車内に取り付けられたカメラでドライバーの目の動きや頭の位置などを把握し、居眠りや突然意識を失うなど異変があると判断した場合には、まずアラーム音で知らせます。

そしてドライバーに反応がなかった場合には、クラクションを鳴らしたり、ハザードを点滅させたりして、周囲の車に異常を知らせながら自動運転に切り替わり、高速道路では路肩に停止し、一般道では少しずつ減速して停止します。
マツダはこのシステムを搭載した車を来年から販売する計画です。
さらに会社では視線の動きを研究し、急病で意識を失う前兆を検知するシステムの開発も進めています。
マツダの商品戦略本部の栃岡孝宏主査は「万が一、何かあった場合に車が人を助け、ドライバーが安心して運転できる車を作りたい」と話していました。

こうした技術をめぐっては、ホンダが一部の車種に導入しているほか、日野自動車がバスに搭載を始めていて、ドライバーの体調不良といった不測の事態をサポートする技術の開発競争が激しさを増しています。