4人はねられ女児ら2人重体 車は赤信号突っ込んだか 岡山 総社

4日朝、岡山県総社市の国道で、横断歩道を渡っていた幼稚園児の女の子2人と、それぞれの母親2人の合わせて4人が乗用車にはねられ、このうち女の子1人と母親1人が意識不明の重体になっています。
車は赤信号を突っ込んだとみられ、警察は運転していた64歳の会社役員を過失運転傷害の疑いで逮捕し、事故の詳しい状況を調べています。

4日午前8時半すぎ、総社市の国道180号線で、幼稚園に通う3歳と4歳の女の子と、それぞれの母親2人の合わせて4人が、横断歩道を渡っていた際に走ってきた乗用車に相次いではねられました。

警察によりますと、いずれも病院に運ばれて手当てを受けていますが、このうち4歳の女の子と、3歳の女の子の母親(46)が意識不明の重体になっています。

また、4歳の女の子の母親(42)が腰の骨を折る大けがをしたほか、3歳の女の子が顔などに軽いけがをしました。

4人は、いずれもおよそ700メートル先の幼稚園に登園する途中だったということです。

警察は乗用車を運転していた岡山県新見市の会社役員、林田覚容疑者(64)を、過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

調べに対し「取引先に向かう途中だった」と供述しているということです。

現場は、JR東総社駅に程近い押しボタン式の信号機がある横断歩道で、これまでの調べで、車は赤信号を突っ込んだとみられ、警察は事故の詳しい状況を調べています。

事故目撃した人「運転手がぼう然と立っていた」

事故の直後に現場を目撃した70代の男性は「ドンという音がして外に出ると3人が倒れていた。子どもの1人は泣いていて、運転手がぼう然と立っていた」と話していました。

また、近くのガソリンスタンドに勤務している男性は「事故の通報を頼まれ、何事かと見てみたら、大きな事故が起きていて驚いた。近くの人たちがすぐに駆けつけ、はねられた人たちの介抱にあたっていた」と話していました。