高校野球部マネージャー自殺 県教委 全面的に責任認める 岡山

9年前、岡山市の県立高校で野球部のマネージャーをしていた男子生徒が自殺した問題で、岡山県教育委員会が遺族と面会し、全面的に責任を認めました。

9年前の平成24年7月、岡山市の県立岡山操山高校で野球部のマネージャーをしていた当時2年生の男子生徒が、監督を務めていた男性教諭から叱責されたあと自殺しました。

この問題で、遺族の要望を受けて岡山県が立ち上げた第三者委員会はことし3月、「自殺の原因は監督からの激しい叱責などにあった」などと結論づけた報告書を県に提出しました。

岡山県教育委員会では、半年以上にわたって報告書の内容を精査した結果、3日、鍵本芳明教育長らが自殺した男子生徒の両親と面会し、報告書の内容を全面的に認めました。

面会の中で教育委員会側は、顧問による叱責と自殺の因果関係を認めることや、教育委員会や学校の保身のために問題の対応が遅くなったことなどを説明したということです。

一方遺族からは、なぜ一連の問題が起こったかについて今回の説明では不十分だと指摘があったということです。

岡山県教育委員会の鍵本教育長は「自殺を防ぐ対策が不十分で、問題が起きたあとも遺族に寄り添った対応ができていなかった。今後も再発防止に向けて体制を作り信頼を回復していきたい」と話していました。

遺族「十分な説明には程遠い」

生徒の父親は面会のあとの記者会見で「教育委員会は半年間、検証したにもかかわらず、第三者委員会の調査報告書の内容を上からなぞった内容にすぎず、十分な説明には程遠いと感じている。遺族の心情に寄り添っておらず、まだ同じ土俵に立って話ができているとは思わないが、きょうの面会で少しだけわれわれの認識に近づいたと思う」と話していました。

そのうえで「いくら願っても息子が戻ってくることはありませんが、報告書の指摘・趣旨を踏まえ、これからの岡山の学校教育に生かしてほしいと願っています」と話していました。