フェイスブック 顔認証機能を廃止へ プライバシーに配慮

SNSの情報管理をめぐる問題が相次いで明らかになる中、フェイスブックから社名を変更したアメリカのIT大手メタは、フェイスブック上で写真や動画に写っている人の顔を自動的に識別する顔認証の機能について、プライバシーに配慮して近く廃止すると発表しました。

これはフェイスブックから社名を変更したメタが2日、公式のブログで明らかにしました。

フェイスブックでは、蓄積されている膨大なデータをもとに、写真や動画に写っている人の顔をAI=人工知能で自動的に識別してタグ付けすることで、他人が投稿した写真に自分が写っている際に通知されるサービスを提供してきました。

しかし利用者の間でプライバシーの侵害にあたるという懸念が強まっていることなどを受けて、会社は「利用を制限することが適切だ」として、顔認証の機能を今後数週間以内に廃止するとしています。

これに伴って顔認証のために蓄積されてきた10億人以上のデータは削除されるということです。
フェイスブックをめぐっては、元社員が持ち出した内部文書をもとに情報管理に関する問題が相次いで報じられ批判が高まっているほか、今後、会社が力を入れるとしているメタバースと呼ばれる仮想空間のサービスでもプライバシーの保護が重要な課題になるとみられています。