人気NO1争う“海産”総選挙も開票 トップ当選はホタテ 北海道

衆議院選挙に合わせて北海道豊浦町が実施された、人気ナンバーワンの海産物を決める「海産総選挙」は31日に開票が行われ、町の特産の「ホタテ」が前回、4年前に続いてトップ当選を果たしました。

一方、統一候補として上位をねらった「カレイ、ヒラメ」は最下位に終わりました。

「海産総選挙」は、衆議院の解散総選挙に合わせて豊浦町の海産物をPRしようと、地元の観光協会が行っている企画です。

前回の衆議院選挙があった4年前に続き、2回目となる今回は、9種類 8組の海産物が立候補し、インターネットによる投票を受け付けていました。

31日、衆議院選挙に合わせて海産総選挙の開票が行われた結果、町の特産の「ホタテ」が7054票を集め、前回に続いてトップ当選を果たしました。

▽2位は「毛ガニ」で4163票
▽3位は「ウニ」で3786票
▽4位は「ボタンエビ」で3085票
▽5位は「サケ」で2758票
▽6位は「カキ」で2061票
▽7位は「ブリ」で1460票となっています。

前回は、いずれも下位に沈んだことから、今回は姿が似ている統一候補として上位をねらった「カレイ、ヒラメ」は808票で、最下位の8位に終わりました。

投票総数は、前回の10倍を超える2万5175票で、アメリカなど海外から1票を投じた人もいたということです。

今回の選挙結果について、町の人は「支持していたカレイ、ヒラメが最下位だったのは無念ですが、やっぱり豊浦町はホタテだと思うので納得しています」と話していました。

今回の海産総選挙で、観光協会は地元のデザイン会社と協力して、ユニークな選挙ポスターや選挙公報の制作にも力を入れ、町のPRにつなげました。
「海産総選挙」を企画した噴火湾とようら観光協会の田中博子さんは「今回の海産総選挙で、初めて豊浦町を知ったという人もいました。豊浦町のホタテは冬に旬を迎えるので、ぜひ、たくさんの人に食べてほしいです」と話していました。