衆院選 経団連 十倉会長「安定した政治を維持 大いに歓迎」

衆議院選挙の結果について経団連の十倉会長は、「自民党が安定多数を獲得し、公明党を含め強力かつ安定した政治の体制が維持されたことを大いに歓迎する。有権者が岸田政権の政策を高く評価し、ポストコロナの新しい時代に向けたわが国の力強い再生をリードしてほしいという期待の表れといえる」としています。

そのうえで、「目下の最重要課題は効果的な感染症対策により新型コロナウイルス感染症を抑え込みつつ、ウィズコロナにおける社会経済活動の活性化の加速である。同時に2050年カーボンニュートラルの実現とエネルギー政策の再構築、社会全体のデジタルトランスフォーメーション、激動する国際情勢に対応した外交・安全保障政策の遂行など内外に山積する諸課題について、国民の強力な信任を受けた岸田政権には強力なリーダーシップを発揮し、迅速に取り組んでいただきたい」などとするコメントを発表しました。