宮城県知事選 現職の村井嘉浩氏が5回目の当選

宮城県知事選挙は現職の村井嘉浩氏が5回目の当選を果たしました。

宮城県知事選挙の結果です。

▽村井嘉浩、無所属、現。当選。68万3111票。
▽長純一、無所属、新、37万3066票。

公明党宮城県本部が支持した、自民党からも支援を受けた現職の村井氏が5回目の当選を果たしました。

村井氏は大阪府出身の61歳。
防衛大学校を卒業後、陸上自衛隊などを経て県議会議員を務め、3期目の途中で平成17年の県知事選挙に立候補して初当選しました。

選挙戦では衆議院選挙の自民党の候補者らと街頭に立って、これまでの実績を強調したほか、SNSも活用して支持を呼びかけました。

その結果、自民・公明両党の支持層のほか、無党派層からも一定の支持を受け、5回目の当選を果たしました。