身代金要求型ウイルス感染か 病院が患者受け入れ停止 徳島

徳島県つるぎ町の病院で患者の個人情報を記録した電子カルテのシステムが使えなくなり、病院はランサムウエアと呼ばれる身代金要求型ウイルスに感染した可能性があると明らかにしました。
これに伴い31日朝から救急患者の受け入れを停止していて、11月1日以降は新規の患者の受け入れも停止するとしています。

不審な書類 大量印刷

病院によりますと、31日未明、電子カルテに不具合があり、英語で「ハッキングしてデータを暗号化した。元に戻すにはサイトにアクセスしろ」などと書かれた不審な書類が大量に印刷されました。

同時に患者の住所や診察歴などが記録された電子カルテが使えなくなり、病院は「ランサムウエア」と呼ばれる身代金要求型ウイルスに感染した可能性があるとして警察に被害届を出しました。

電子カルテにはおよそ5万人分の個人情報が記録されているとみられていますが、今のところ情報が流出したかはわかっていません。

病院は31日から救急患者の受け入れを停止していて、1日以降は新規の外来や入院の受け入れも停止するとしています。

一方、妊婦や透析の患者の入院、新型コロナウイルスのワクチン接種などは続けるとしています。
病院の須藤泰史病院事業管理者は「多くの方にご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません。警察と今後の対応を検討して参ります」と陳謝しました。