衆院選 自民 単独過半数を上回ることが確実な情勢(0:00)

衆議院選挙の開票は順調に進み、自民党は単独で衆議院の過半数にあたる233議席を上回ることが確実な情勢となりました。岸田総理大臣は今回の選挙で信任を受けたという認識を示しました。

衆議院選挙は開票が順調に進み、これまでに定数465のうち380を超える議席が固まっています。

午前0時現在、
▽自民党が230議席
▽立憲民主党が78議席
▽公明党が27議席
▽共産党が9議席
▽日本維新の会が34議席
▽国民民主党が6議席
▽社民党が1議席
▽無所属が11議席を獲得しています。

開票が進む小選挙区や比例代表の各ブロックの得票状況から、自民党は今後さらに議席を上積みする見通しで、単独で衆議院の過半数にあたる233議席を上回ることが確実な情勢となりました。

また、自民・公明両党の獲得議席は、衆議院にある17の常任委員会すべてで委員長を出したうえで、野党側と同じ数の委員を確保できる、いわゆる「安定多数」となる244議席に達しました。

岸田総理大臣はNHKの開票速報番組で「衆議院選挙は、いつの選挙も政権選択選挙だ。信任を頂いたと受け止めたい」と述べました。

一方で、多くの選挙区で連携する野党が候補者を一本化したことについて「結果として、自民党にとって厳しい選挙になった選挙区が多かったと受け止めている」と述べました。

また、経済対策について、選挙で訴えた公約を盛り込めるだけの規模を確保し、早急にとりまとめたいとしたうえで「年内に補正予算を成立させたい」と述べました。

一方、野党側は、
▽立憲民主党が99議席から141議席で、選挙前の109議席から議席を増やす勢いです。

また、
▽共産党は8議席から14議席
▽日本維新の会は34議席から47議席となっていて、選挙前の議席を3倍以上に増やす見通しです。

▽国民民主党は7議席から12議席を獲得する見通しです。

立憲民主党の枝野代表は「かなりの選挙区で激しい大接戦になっているので、期待して見守りたい。自民党に対し一騎打ちの構造を作るというのが最大野党として目指すべき形ということで、他の野党にも理解してもらい、かなり多くで接戦に持ち込めた。連携の成果はあったと思う」と述べました。