期日前投票 母親の入場券持つ12歳息子に投票用紙誤交付 北海道

30日、北海道函館市での衆議院選挙の期日前投票で、母親の入場券を持った12歳の息子に投票用紙を誤って交付し、投票が行われていたことがわかりました。函館市選挙管理委員会は本人確認が不十分だったとして、再発防止を徹底するとしています。

函館市選挙管理委員会によりますと、30日、函館市港町に設けられた衆議院選挙の期日前投票所に、母親の入場券を持った12歳の息子が訪れ、投票の受け付けをしました。

その際、職員が息子に小選挙区の投票用紙を誤って交付し、投票が行われたということです。

その後、職員が誤りに気付き、比例代表の投票用紙は交付しませんでした。

小選挙区の投票は1票として扱われるということです。

市選挙管理委員会が父親に確認したところ、母親の体調が悪く投票所に来ることができなかったため、息子に代わりに投票してもらおうと思ったということです。

市選挙管理委員会は「受け付けが投票に訪れる人で混んでいて、目視での本人確認が十分にできていなかった」として、再発防止を徹底するとしています。