ハロウィーンを前に 30日夜の渋谷は目立った混乱なし 警戒続く

ハロウィーンを前に、飲食店への時短要請が全面解除された東京・渋谷の繁華街は、30日夜、多くの人で混雑しましたが、目立った混乱はありませんでした。警視庁は、31日はさらに混雑が予想されるとして、引き続き警戒にあたることにしています。

渋谷駅の周辺は毎年、ハロウィーンの時期に仮装した若者などで混雑することから、渋谷区は感染対策の一環として、去年に続き、来訪の自粛を呼びかけています。

30日夜は、警視庁も機動隊を待機させるなど警戒にあたり、スクランブル交差点では「DJポリス」と呼ばれる広報班も出動して歩行者の誘導などを行いました。

繁華街では、営業時間の短縮や、夕方以降の酒の販売の取りやめを行う店もありましたが、飲食店への時短要請が全面解除されて初めての週末と重なったこともあって、大勢の利用客で混雑しました。

また、時折、仮装した若者が通行人との記念撮影に応じる姿なども見られましたが、警視庁によりますと、目立った混乱や騒ぎはなかったということです。

警視庁は、31日はさらに混雑が予想されるとして、引き続き機動隊も待機させて警戒にあたることにしています。