観光用ロープウエー 乗客乗せたまま約1時間止まる 栃木 日光

29日午後、栃木県日光市にある観光用の「明智平ロープウェイ」が乗客を乗せたままおよそ1時間にわたって止まるトラブルがありました。けが人はありませんでした。

29日午後2時ごろ、紅葉の名所として知られる栃木県日光市の奥日光にある「明智平ロープウェイ」が突然、止まりました。

運行する日光交通などによりますと、止まったロープウエーは山頂の展望台と中腹の2か所の駅を結んで運行する定員16人のゴンドラ2基で、当時20人余りの乗客が乗っていました。

ロープウエーはおよそ1時間後の午後3時前に動き始め、けが人や体調を崩した人はいなかったということです。

運行会社によりますと、原因は機械トラブルだということで会社では機械が止まった詳しい状況などを調べています。

この場所は人気の観光スポットの中禅寺湖や華厳滝を見ることもできるため紅葉の時期には大勢の観光客が訪れます。