トヨタ 世界展開を目指す専用ブランドEVを販売へ 来年半ばから

トヨタ自動車は世界での展開を目指すEV=電気自動車の専用ブランドの車を来年半ばから販売すると発表しました。2025年までに同じブランドで7車種を投入する計画で、世界のEV市場に本格的に乗り出します。

トヨタ自動車はEV専用のブランドとなる「TOYOTA bZ」のSUV=多目的スポーツ車を来年の半ばから日本を含め、世界で販売すると発表しました。

一度の充電で走れる走行距離は500キロ前後で、搭載する電池は使い始めてから10年たっても、ためた電気を使える量が当初の90%という世界トップレベルの水準を目指すとしています。

また車の屋根の部分に取り付けたソーラーパネルは年間で1800キロを走行できる分の発電ができるということで、災害時などには充電設備がなくても移動できるのが特徴です。

トヨタは中国やヨーロッパなどでEVを販売していますが、世界展開を目指すこの専用ブランドのEVは2025年までに7車種を投入する計画です。

トヨタは得意のハイブリッド車や燃料電池車など、いわば全方位戦略で車の電動化に取り組んでいますが、世界のEV市場にも本格的に乗り出すことになります。

脱炭素の機運が高まりで欧米の自動車メーカーによるEVの開発、販売が加速していますが、日産自動車が、この冬に国内外で、ホンダも来年春に中国市場で、それぞれ新型モデルのEVの販売を始める計画で、国内メーカーによるEVの投入も本格化しています。

EVの競争力のカギをにぎる電池の開発も

トヨタ自動車は、EV=電気自動車の販売が比較的多い中国では2035年に、ヨーロッパでは2030年に、すべての新車を電動車にすることを目指しています。

なかでも、EVとFCV=燃料電池車、それに外部から充電できるプラグインバイブリッド車の割合は、
▽中国では合わせて50%
▽ヨーロッパではEVとFCV合わせて40%にするとしています。

一方、
▽国内では、2030年にハイブリッド車を中心に電動車の割合を95%まで高めたうえでEVとFCVの割合を10%に、
▽北米では、新車の70%を電動車にし、EVとFCVは合わせて15%にすることを目指すとしています。

こうした中、トヨタはEVの競争力のカギをにぎる電池の開発に力を入れています。

2030年までに、車向けの電池の開発や生産に1兆5000億円を投じる方針を明らかにし、今月には、2025年の稼働を目指してアメリカに初めて電池の生産工場を建設すると発表しました。

EVをめぐっては、異業種からの参入も相次ぎ、世界的に競争が激しさを増していますが、トヨタは、これまでハイブリッド車で培ってきた安全性や耐久性に関する技術力を生かしながら、EVの開発に取り組む考えです。