小笠原諸島 台風20号接近で記録的な大雨 土砂災害や高波に警戒

強い台風20号が接近した小笠原諸島では、平年の10月、1か月分を超える大雨になりました。台風は遠ざかりつつありますが、これまでの大雨で地盤が緩んでいるため、土砂災害に警戒するとともに高波にも警戒が必要です。

気象庁によりますと、強い台風20号は29日午前6時には小笠原諸島の父島の北東280キロの海上を1時間に40キロの速さで北北東へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。
小笠原諸島では28日夜遅くから風や雨が強まり、父島では29日午前0時すぎに36.3メートルの最大瞬間風速を観測しました。

父島 平年の10月 1か月分を超える大雨

また、28日正午の降り始めから午前5時までの雨量は165.5ミリと平年の10月、1か月分を超える大雨となっています。
小笠原村ではこれまでに降った雨で土砂災害の危険性が非常に高くなり、「土砂災害警戒情報」が発表されています。

雨が弱まっても土砂災害には警戒を

雨が弱まっても土砂災害には警戒を続けてください。

台風は父島や母島からしだいに遠ざかり、暴風域は抜けましたが昼前にかけて強い風が吹き、夜のはじめごろにかけて海上は大しけが続く見込みです。

また、伊豆諸島南部でも夕方にかけて大しけとなる見込みです。

気象庁は、小笠原諸島や伊豆諸島では引き続き高波に警戒し、強風にも十分注意するよう呼びかけています。