宮内庁長官 結婚の小室圭さん眞子さんに「手携え乗り越えて」

宮内庁の西村長官は、28日の定例の記者会見で、結婚した小室圭さんと眞子さんの今後について、「2人で手を携えて力を合わせて乗り越えていっていただきたい」と述べました。

西村長官は、26日の記者会見について「眞子さまは、体調が万全ではない中、ご結婚に関するお考えやお気持ちをご自身の言葉で真摯(しんし)にお述べになられたものと受け止めています。眞子さまがあそこまで苦しまれてこられたということに、お支えする立場にある者としては大変申し訳ないという思いがいたしました」と話しました。

記者が事前に寄せた質問に文書で回答する形になったことについては、眞子さんの体調を心配してきたとして「相談した医師もやめたほうがいいということで、ああいう形になったのはやむをえなかったのではないかと思います」と評価しました。

そして2人の今後について「これまでとは違ったご苦労がおありかと思いますが、2人で手を携えて力を合わせて乗り越えていっていただきたい。お幸せな生活を過ごしていただきたいと思います」と述べました。