中国大使 ツイッター開設 日本の対中感情改善の思惑か

中国の孔鉉佑駐日大使は日中の相互理解を深めることなどを目的としてツイッターのアカウントを開設し、日本の対中感情の改善につなげたい思惑があるとみられます。

日本に駐在する中国の孔鉉佑大使は27日、ツイッターのアカウントを開設し「皆様との交流のルートをまた1つ増やせたことをうれしく存じます」と日本語で投稿しました。

ツイートでは、大使館内にある日本側から寄贈された石灯籠を紹介しているほか、大使が中国東北部の黒竜江省出身で小さい頃からスケートに親しんだというエピソードを紹介するなどしています。

中国をめぐっては「戦狼外交」とも呼ばれる強気な外交姿勢に対する欧米などの懸念が強まっていて、習近平国家主席はことし5月「自信を示すだけではなく、謙虚で、信頼され、愛され、尊敬される中国のイメージを作るよう努力しなければならない」と指示しています。

ツイッターの開設について中国大使館は「国民どうしの相互理解と友好交流を深め日本の各界が中日関係の『進行形』と中国の『現在』に寄せる関心に応えるため発信していきます」としていて、日本の対中感情の改善につなげるとともに自国の立場を国外にアピールする思惑があるとみられます。

外交官や国営メディアなどがツイッターで発信

ツイッターは中国国内では利用が制限され一般の人は使うことができませんが、外交官や国営メディアなどは積極的にツイッターでの発信を行っています。

中国政府の立場をアピールする手段として活用する一方、投稿内容はたびたび物議を醸しています。
26日は大阪にある中国総領事館の薛剣総領事が、国際的な人権団体「アムネスティ・インターナショナル」が香港の事務所を閉鎖すると発表したことについて「害虫駆除」などと表現し、批判が相次いだばかりです。

また、ことし4月には東京の中国大使館がアメリカを「死に神」になぞらえたイラストを投稿したところ、ネット上で批判が相次ぎ、投稿がその後、削除される事態となりました。