【詳報】眞子さんと小室圭さん 結婚記者会見

26日午前結婚した秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さんと小室圭さんは、2人で記者会見に臨みました。

眞子さん「心から感謝」

眞子さんは、これまでの生活について、「皇族としての仕事を自分なりにできるかぎり大切に果たそうと努めてまいりました。この30年間、たくさんの方々に助けられ守られ、支えられてきました。心を込めて私と一緒に仕事をしてくださった方々に心から感謝申し上げます」話しました。

眞子さん「圭さんはかけがえのない存在」

眞子さんは、小室圭さんとの結婚について「さまざまな考え方があることは承知しております。ご迷惑をおかけすることになってしまった方々には大変申し訳なく思っております。また、私のことを思い静かに心配してくださった方々や事実に基づかない情報に惑わされず変わらずに応援してくださった方々に感謝しております。私にとって、圭さんはかけがえのない存在です。そして私たちにとって結婚は自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択でした」と話しました。

小室圭さん「眞子さんを愛しています」

小室圭さんは「わたくしは眞子さんを愛しています。一度きりの人生を愛する人と過ごしたいと思っております。これまで、幸せなときもそうでないときもさまざまな気持ちを分かち合ってきました。このたびの結婚に関してご迷惑をおかけしてしまった方には申し訳ないと思っております。いろいろなことがありましたが、眞子さんと人生を歩みたいと思ったのは、支えて下さった方々のおかげです。心から感謝申し上げます」と述べました。

眞子さん「圭さんが独断で動いたことはありません」

眞子さんは、小室圭さんのこの間の行動について「本日まで私が公に発言する機会は限られてきました。そのために生まれてしまった誤解もあったと思います。一部の方はご存じのように、婚約に関する報道が出て以降、圭さんが独断で動いたことはありませんでした。例えば、圭さんのお母さまの元婚約者の方への対応は私がお願いした方向で進めていただきました。圭さんの留学については、圭さんが将来計画していた留学を前倒しして海外に拠点をつくってほしいと私がお願いしました」としたうえで、「留学に際して私は一切の援助をできませんでしたが、圭さんが厳しい状況のなか努力してくれたことをありがたく思っております」と話しました。

小室圭さん 母と元婚約者について

小室圭さんは「わたしの母と元婚約者の方との金銭トラブルと言われている事柄について、詳しい経緯は本年4月に公表したとおりです。元婚約者の方には、公表した文書でも書いたように、これまでも折に触れて、わたしとわたしの母からお礼を申し上げており、今も感謝しております。本年4月に解決金をお渡しすることによる解決をご提案したところ、母と会うことが重要であるというお返事をいただきました。しかし、母はドクターストップがかかっています。そのため私が母にかわって対応したいと思い、母の代理人弁護士を通してお伝えました。元婚約者の方からは、窓口となっている週刊誌の記者を通じて前向きな返事をいただいています。解決に向けてわたしができる限り対応したいと思います。解決金を受け取っていただきたいという気持ちはかわっていません」と述べました。

小室圭さん「眞子さんが心身に支障きたしたこと悲しく思う」

小室圭さんは「この数年間、誤った情報があたかも事実のように扱われ、誹謗中傷が続いたことにより眞子さんが心身に支障をきたしたことを、とても悲しく思います。わたしの母も心身に不調をきたし、仕事を辞めざるをえない事態にまで追い込まれましたし、身の危険を感じながら過ごしています。このような苦しい状況にあった、わたしたちを助けてくださった多くの方々に、大変感謝しております」と述べました。

小室圭さん「眞子さんとあたたかい家庭を築いていきたい」

小室圭さんは「わたしは眞子さんと、あたたかい家庭を築いていきたいと思います。同時に、これからもできる限りのことをして眞子さんをお支えしていきたいと思います。幸せなときもそうでないときも寄り添い合える、かけがえのない存在であり続けたいと考えております」と述べました。

眞子さん「2人で力を合わせて共に歩いていきたい」

眞子さんは、「私たちは2人で新しい生活を始めることになります。これから生きていく中で、また違った形での困難があると思います。しかし、これまでもそうであったように、2人で力を合わせて共に歩いていきたいと思っております。これまで私たちが自分たちの心に忠実に進んでこられたのは、お互いの存在と、励まし応援してくださる方々の存在があったからです。いま、心を守りながら生きることに困難を感じ、傷ついている方がたくさんいらっしゃると思います。周囲の人の温かい助け合う支えによって、より多くの人が心を大切に守りながら生きていける社会となることを心から願っております」と話しました。