三重県 自宅療養者数を誤り発表 最大1日2000人余り多く

三重県が新型コロナウイルスに感染し自宅療養している人について、ことし8月以降、10月中旬まで、実際よりも最大で1日に2000人余り多い誤った人数を発表していたことがわかりました。

県は、飲食店への営業自粛の要請などに影響はなかったとしたうえで、陳謝しました。

三重県によりますと、誤りがあったのは、ことし8月1日から10月15日までの間、新型コロナウイルスの感染者のうち、入院などを調整している人や、自宅で療養している人として発表していた人数です。

誤って発表された人数は、延べ3万8865人に上り、誤差が最も大きかった9月3日は、実際は1897人だったのに、発表は3987人と、2090人も多かったということです。

三重県は、保健所が作った患者情報のうち、自宅療養が解除となった人をデータベースに反映させる作業が感染者の急増によって遅れたことが原因で、このミスによって、入院調整や飲食店への営業自粛の要請などに影響はなかったと説明しています。

三重県医療保健部感染症情報プロジェクトチームの中瀬元浩担当課長は「自宅療養者の数は県民の関心も高く、日々公表している重要な数字だ。大変申し訳ない」と陳謝しました。