中ロ艦艇の2海峡同時通過「高い関心を持って注視」官房副長官

中国軍とロシア軍の艦艇が津軽海峡と大隅海峡を初めて同時に通過したことについて、磯崎官房副長官は「高い関心を持って注視している」と述べ、引き続き、日本周辺の海域や空域での警戒・監視活動に万全を期していく考えを示しました。

先週、中国軍とロシア軍の艦艇合わせて10隻が、津軽海峡を同時に通過し、伊豆諸島付近を航行したあと、大隅海峡を同時に通過したのを防衛省が確認しました。

これについて磯崎官房副長官は記者会見で「ロシア海軍艦艇については、中国海軍艦艇と分離したあと、対馬海峡を通過して、日本海に抜けて航行したことも合わせて確認している。中ロ海軍艦艇による津軽海峡、伊豆諸島周辺海域、大隅海峡の同時通過は初確認だ」と述べました。

そのうえで「政府としては、高い関心を持って注視している」と述べ、引き続き、日本周辺の海域や空域での警戒・監視活動に万全を期していく考えを示しました。