フィギュアGP アメリカ大会開幕 宇野は男子シングルのSPで2位

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第1戦のアメリカ大会が開幕し、男子シングル前半のショートプログラムでは、宇野昌磨選手が4回転からの連続ジャンプを決めるなど2位につけました。

グランプリシリーズ第1戦のアメリカ大会は、22日ラスベガスで開幕し、男子シングルでは宇野選手や昨シーズンの世界選手権を制したアメリカのネイサン・チェン選手などが出場しました。

宇野選手は冒頭、4回転フリップが2回転になるミスがあったものの、4回転からの連続ジャンプとトリプルアクセルを決めるなど89.07の得点で2位につけました。

チェン選手は、冒頭の4回転ルッツや4回転からの連続ジャンプでミスが出て、82.89で4位と出遅れました。

首位は97.43でアメリカのビンセント・ジョウ選手、日本の佐藤駿選手はジャンプにミスがあり、80.52で5位でした。

また、ペアのショートプログラムでは、日本の三浦璃来選手と木原龍一選手のペアが72.63の得点で3位につけました。