箱根駅伝の予選会 明治大 中央大 日体大など10校が出場権獲得

正月恒例の箱根駅伝の予選会が東京・立川市で2年続けて無観客で行われ、明治大など上位10校が出場権を獲得しました。

箱根駅伝の予選会は、新型コロナウイルスの感染防止を図るため、去年から従来のコースを変更し、東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地の周回コースで、観客を入れない形で行われています。

予選会には関東の大学41校が参加し、一斉にハーフマラソンの距離にあたる21.0975キロを走り、各校の上位10選手のタイムの合計で争いました。

その結果、1位は明治大で10時間33分22秒のタイムで来年の箱根駅伝の出場権を獲得しました。

このほか2位の中央大、3位の日本体育大、4位の山梨学院大、5位の神奈川大、6位の法政大、7位の中央学院大、8位で初出場となる駿河台大、9位の専修大、10位の国士舘大が出場権を獲得しました。

個人で日本選手トップとなったのは、中央学院大の4年生の栗原啓吾選手でタイムは1時間2分46秒でした。

箱根駅伝は来年1月2日に往路が3日に復路が行われ、前回の大会で総合優勝した駒沢大などシードされた10校と予選会を通過した10校に関東学生連合を加えたあわせて21チームが出場します。