警察が運搬中 証拠品の車から荷物奪い逃走 大阪 阿倍野区

21日夜、大阪 阿倍野区で警察が窃盗事件の証拠品の車をレッカー車で運んでいたところ、3台の車が近づき、車から降りてきた人物が証拠品の車の中から荷物を奪って逃げました。警察は、強盗事件として捜査するとともに窃盗事件との関連も調べることにしています。

21日午後10時半ごろ、大阪 阿倍野区の路上で、警察が窃盗事件で使われたとみられる証拠品の車をレッカー車で運んでいたところ、3台の車が相次いで近づき、レッカー車にぶつかったり、先導するパトカーとの間に割り込もうとしたりしました。

警察によりますと、その間に、1台の車から降りてきた人物が証拠品の車のドアを開けてかばんのようなものを奪い、その場に車を残して走って逃げたということです。

近づいてきた別の2台の車はそのまま逃げ、けが人はいないということです。

警察は、強盗事件として捜査するとともに窃盗事件との関連も調べることにしています。

証拠品の車は、21日午後3時すぎに捜査員が阿倍野区内のコインパーキングで見つけ、レッカー車に加えパトカーと捜査車両の3台が連なって、東成警察署に運ぶ途中だったということです。

東成警察署は「証拠品の取り扱いに問題はなかった」としています。

府内では、先月にも岸和田市で、盗難車を証拠品として警察署に運ぶ途中、車内からかばんのようなものが盗まれる事件が起きています。

目撃した人は

現場近くに住む70代の女性は「男の叫び声が聞こえて外を見たら、男2人が警察官に追われながら走って逃げていくのが見えました。そのうち1人はフェンスを乗り越えて逃げていきました」と話していました。

60代の女性は「叫び声がしてベランダから外を見たら、赤い車が別の止まっている車にぶつかりながら坂のいちばん下までバックで走っていくのが見えました。そこまでして逃げるということはよっぽど悪いことをしたのかなと思いました」と話していました。

事件当時の状況は

現場は片側2車線で、左側の走行車線を合わせて3台の警察の車列が走っていました。
先頭にパトカー、続いて証拠品の車をけん引するレッカー車、その後ろに警察車両が続いていました。

そこに犯人グループの3台の車が近づいてきます。

2台は追い越し車線に、もう1台は車列の後ろにそれぞれいました。

1台目の白い車は追い越し車線からパトカーとレッカー車の間に割り込もうとしますが、レッカー車がパトカーとの距離を詰めたため断念し、そのまま進行方向に逃げて行きました。

続く2台目の白い車はレッカー車の右側の追い越し車線を並走。
車列のスピードは落ちていた状態でした。

この2台目から1人が出てきて、レッカー車がけん引する証拠品の車の右側のドアを開け、中からかばんのようなものを奪い、自分の車に戻りました。

その後、車で逃げようとしましたが、前方を塞いだレッカー車や後続の一般の車両に挟まれます。
車を前後させてレッカー車などにぶつけた後、車を乗り捨てて2人が走って後ろの方向に逃げていきました。
また、3台目の赤い車はレッカー車に続く警察車両のすぐ後ろから近づいていました。

連絡を受けて駆けつけた別の警察車両がその後ろから到着しますが、捜査員が降りると、犯人グループの3台目の赤い車は警察車両や一般の車両にぶつかりながらバックで走って逃げていきました。