世界最大級のトリケラトプス骨格標本 9億円近くで落札 パリ

およそ6600万年前に生息していたとみられる恐竜「トリケラトプス」の世界最大級の骨格標本がオークションにかけられ、日本円で9億円近くと予想を大幅に上回る額で落札されました。

オークション会社などによりますと、落札されたのは体長が7メートル余り、頭の骨が幅2メートルある世界最大級のトリケラトプスの骨格標本で、「ビッグ・ジョン」という愛称が付けられています。

21日、フランスのパリで開かれたオークションに出品され、予想を4倍以上、上回る、665万ユーロ、日本円にしておよそ8億8000万円で落札されました。

このトリケラトプスは、恐竜が絶滅する前の今からおよそ6600万年前に生息していたとみられていて、2014年にアメリカで発見されました。

泥に埋もれて死んだため保存状態がよく、骨格の6割が発掘されてイタリアに運ばれ、専門家が200以上の骨を組み合わせて復元したということです。

落札したのはアメリカのコレクターだということで、代理人は記者団に対し「ビッグ・ジョンを手に入れ、人々が見て楽しめるように展示できることにわくわくしている」と話し、なんらかの形で展示される可能性もありそうです。