韓国 初の国産ロケット打ち上げも模擬衛星 軌道にのらず

韓国は21日夕方、初の国産ロケットを打ち上げました。韓国政府はロケットは目標の高度に到達したものの、搭載していた模擬の衛星を計画どおりに軌道にのせることはできなかったと明らかにしました。

韓国は21日午後5時、南部・チョルラ(全羅)南道のコフン(高興)にある宇宙センターから初の国産ロケット「ヌリ号」を打ち上げました。

ヌリ号は全長47.2メートルの3段式のロケットで、1兆9500億ウォン余り、日本円でおよそ1900億円を投じて、2010年から開発を始め、国内の300を超える企業が関わりました。

21日の打ち上げについて韓国政府は、ロケットは目標としていた高度700キロに到達したと説明しました。

一方で、3段目のエンジンの燃焼が予定よりもはやく終わり、期待した速度に届かず、搭載していた模擬の衛星を計画どおりに軌道にのせることができなかったと明らかにしました。

現地で打ち上げの様子を見守ったムン・ジェイン(文在寅)大統領は「宇宙開発で先行する国が未来を先導するようになる。韓国が宇宙強国となれるよう政府は長期的な視野で投資を続けていく」と述べ、さらに宇宙開発を進めていく考えを示しました。

今回見えた課題を検証したうえで、来年5月に再び打ち上げを行う予定です。

一方、過去に北朝鮮が「人工衛星」だとして打ち上げを行った際には、事実上の長距離弾道ミサイルだとして国際社会から批判された経緯もあり、韓国が国産ロケットの打ち上げを実施したことをめぐって北朝鮮が反発する可能性もありそうです。