西日本最高峰 石鎚山に霧氷 “今季いちばんの冷え込み” 愛媛

西日本最高峰の石鎚山の山頂付近では、霧氷が山肌を覆っている様子が確認されました。

NHKのヘリコプターから21日午前10時ごろに撮影した愛媛県の石鎚山の様子です。

標高1982メートルの山頂付近の、北側の斜面が白くなっています。

霧氷は、空気中の水分が凍って樹木に付着する現象で、石鎚山では、今週月曜日に今シーズン初めて見られました。
頂上付近にある「石鎚神社頂上山荘」の管理をしている人見義一さんによりますと、午前6時の山頂付近の気温はマイナス3度で、今シーズンいちばんの冷え込みとなったそうです。

山荘近くでは、霧氷に覆われた山を写真に収める登山客や、最高地点の天狗岳に向かって霧氷の間を登っていく人の様子が見られました。