警察学校の寮で現金賭けてトランプゲームか 自習時間などに

千葉県警察本部の警察官が、入校していた警察学校の寮で現金を賭けてトランプゲームをしていた疑いがあるとして、警察が調査を進めていることが捜査関係者への取材でわかりました。調べに対し、一部の警察官は事実関係を認めていて、警察は、調査が終わり次第、処分する方針です。

捜査関係者によりますと、千葉県東金市にある千葉県警の警察学校に入校していた警察官が、学校の寮で休憩時間や夜の自習時間などに数千円から数万円を賭けてトランプゲームをしていた疑いがあるということです。

トランプゲームをしていたのは初任の警察署に配属された後、再び警察学校に入校し「初任補修科」と呼ばれる授業を受けていた若手警察官などで、捜査関係者によりますと一部の警察官は現金を賭けたことを認めているということです。

警察は、賭博の疑いで調べるとともに、調査が終わり次第、関係した警察官を処分する方針です。