フェイスブックに約80億円の罰金 企業買収で審査に協力せず 英

イギリス当局は20日、アメリカのIT大手、フェイスブックによる画像制作などを手がける企業の買収をめぐり、審査に協力しなかったとしてフェイスブックに日本円でおよそ80億円の罰金を科すと発表しました。

イギリスの競争・市場庁は20日、フェイスブックに対し、5050万ポンド、日本円でおよそ80億円の罰金を科すと発表しました。

フェイスブックは去年、画像の制作や共有サイトなどを手がけるアメリカの企業、「ジフィー」の買収を発表しましたが、競争・市場庁は競争上の問題がないかどうかの審査が完了するまでは、事業を統合しないよう命令を出していました。

しかし、フェイスブックは、提供する必要がある情報の報告を意識的に拒否して、協力しなかったとしています。

今回の決定について競争・市場庁は声明で、「重要な情報の提供を拒否することは違反だと警告したが、フェイスブックは法的義務を無視し続けた」などとしています。

これに対し、フェイスブックは、「不当な決定で全く同意できない」などと反発しています。