大学生など15人死亡 軽井沢スキーツアーのバス転落事故 初公判

5年前、大学生など15人が死亡した長野県軽井沢町のバス事故で、業務上過失致死傷の罪に問われているバス会社の社長らの初公判が、21日、長野地方裁判所で開かれます。会社の安全管理体制や、死傷事故を起こす可能性を予見できたのかが焦点となる見通しです。

5年前の2016年1月、長野県軽井沢町でスキーツアーのバスが、カーブを曲がりきれずに道路脇に転落し、乗客の大学生ら15人が死亡、26人がけがをしました。

この事故で、バスを運行していた東京の会社「イーエスピー」の社長高橋美作被告(60)と、運行管理担当の元社員荒井強被告(53)は、死亡した65歳の運転手が「大型バスの運転は不安だ」と採用面接で話すなど、死傷事故を起こす可能性があると予見できたのに、必要な訓練をしなかったなどとして、業務上過失致死傷の罪に問われています。

一方、運転手はギアチェンジの操作ミスなどで事故を起こしたとして、過失運転致死傷の疑いで書類送検されましたが、死亡のため不起訴となっています。

21日から長野地方裁判所で始まる裁判では、会社の安全管理体制や死傷事故を起こす可能性を、社長らが予見できたのかどうかが焦点となる見通しです。

事故の経緯

事故は、5年前の2016年1月15日の午前2時ごろに起きました。

長野県軽井沢町の国道で、スキーツアーのバスが時速およそ95キロまで加速してカーブを曲がりきれずに道路脇に転落し、乗客の大学生13人と乗員2人の合わせて
15人が死亡、26人がけがをしました。
バスを運行していた東京の会社「イーエスピー」には、当日の出発前に点呼をしていなかったことや、死亡した運転手の健康状態を記した台帳を作成していなかったことなど、運行に関わる多くの法令違反が見つかりました。

事故を受けて、国土交通省はバスの安全対策を見直しました。

バス会社への監査体制が強化され、貸し切りバス会社の事業認可を5年ごとに更新し、安全対策が不十分な場合には許可を取り消すほか、抜き打ち監査で重大な違反が見つかった場合、運行を直ちに停止するなどの対策がとられるようになりました。

長野県警は、事故から1年余りたった2017年6月「イーエスピー」の社長と、運行管理を担当していた元社員について、重大な事故を起こす可能性を予見できたのに、大型バスの運転に不慣れな運転手への指導を怠ったとして、業務上過失致死傷の疑いで書類送検しました。

また、死亡した運転手については、ギアチェンジの操作ミスなどで事故を起こしたとして、過失運転致死傷の疑いで書類送検しました。

これを受けて遺族は、再発防止のために責任の所在を明確にする必要があるとして、起訴を求めて、およそ4万7000人分の署名を集めて長野地方検察庁に提出しました。

長野地検は慎重に捜査を進め、事故から5年たったことし1月、社長と元社員を業務上過失致死傷の罪で在宅起訴しました。

運転手については、死亡しているため不起訴としました。