西武 松坂大輔引退登板 最後の試合は背番号18のユニフォームで

今シーズン限りで引退するプロ野球・西武の松坂大輔投手が19日夜、本拠地のメットライフドームで行われた日本ハム戦でバッター1人と対戦してフォアボールを出し、現役最後の登板を終えました。

41歳の松坂投手は引退会見を行った後、埼玉県所沢市にある本拠地のメットライフドームで行われた日本ハム戦できょうのために変更された背番号「18」のユニフォーム姿で引退登板を行いました。

そして場内アナウンスで名前が紹介され、スタンドのファンから大きな拍手が送られる中、中日の時以来、2年ぶりとなる1軍のマウンドに上がりました。

横浜高校の後輩で日本ハムの1番、近藤健介選手に対して初球は118キロでボール、2球目は118キロでストライクとしましたが、このあとコントロールが安定せず、スリーボールワンストライクからの5球目も116キロのボールでフォアボールとなり、現役最後の登板を終えました。

ピッチャーの交代が告げられると、松坂投手はマウンドに集まった内野の選手と握手をしたり、日本ハムのベンチに向かって一礼をしたりしてベンチに引き上げ、出迎えたチームメートに笑顔を見せていました。

松坂投手は登板後「最初、グラウンドに出た瞬間のファンの皆さんの拍手に感動しました。正直、プロのマウンドに立っていい状態ではなかったですが、最後の相手になってくれた、北海道日本ハムファイターズの皆さん、打席に立ってくれた近藤選手、そしてきょう球場までお越しいただいたファンの皆さん、球場には来れなくてもテレビなどで応援してくれたファンの方々に感謝しています」と球団を通じてコメントを出しました。

試合のあと、松坂投手はグラウンドに再び姿を現し、スタンドのファンに手を振りながら、ゆっくりと場内を1周しました。

そしてマウンドで右ひざをついて白いプレートの上にある土をはらったあと、そっと手を置き、しばらく目を閉じて感謝の思いを伝えました。

最後にはチームメートや日本ハムでプレーする横浜高校の後輩の選手も駆けつける中、5回、胴上げされて選手生活に別れを告げました。

登板に先立ちチームメイトにあいさつ「一緒に優勝したかった」

登板に先立って松坂投手は全体練習の前の午後1時半すぎにチームメートの前であいさつしました。

この中で「今シーズンをもって引退することとなりました。昨年、ライオンズに戻ってこれたので、皆さんと一緒にプレーして優勝したかったです。23年間プレーすることができましたが、皆さんも少しでも長くプレーができることを祈っています」と話していたということです。

このあとチームメートは全員18番の背番号が入ったTシャツを着て練習を行い、松坂投手はダッシュを行ったあと、徐々に距離を伸ばしながらキャッチボールを行いました。

およそ1時間で練習を切り上げた松坂投手のもとには日本ハムに所属する横浜高校の後輩、近藤健介選手や淺間大基選手など4人が松坂投手のもとに駆け寄り、笑顔で会話を交わしていました。

引退登板で対戦した日本ハム 近藤「対戦は一生の宝物」

横浜高校の後輩で、松坂投手と対戦した日本ハムの近藤健介選手は「松坂さんは小さい頃からずっと追いかけ続けてきた大先輩。こうして引退試合に立ち会えたことだけでも幸せですが、打席に入って対戦できたことは一生の宝物です。これまで野球界を先頭で引っ張ってこられた偉大な先輩に少しでも近づけるように精進していきます」と球団を通じてコメントを出しました。

引退セレモニーは12月4日のファン感謝イベント中に実施予定

プロ野球・西武は19日会見を行った松坂投手の引退セレモニーを本拠地のメットライフドームとオンラインで12月4日に予定しているファン感謝イベントの中で実施すると発表しました。

松坂投手は会見の中で「セレモニーに関しては改めてファン感謝デーの時にやらせてもらえるということなので、そこでファンの方々には、何か伝えられたらいいなと思っています。きょうやるとナイターですし。皆さんも時間がたぶんないと思うので、別の日にしたほうがいいかなと僕の気遣いです。終電もありますし」と話していました。