中国 岸田首相の靖国神社への「真榊」奉納に抗議

岸田総理大臣が17日、秋の例大祭に合わせて、靖国神社に「真榊」と呼ばれる鉢植えの供え物を奉納したことについて、中国外務省は18日の会見で、日本側に抗議したことを明らかにしました。

中国外務省の趙立堅報道官は18日の会見で「靖国神社は日本の軍国主義が起こした侵略戦争の精神的な象徴だ。日本側の動きはみずからの侵略の歴史に対する消極的な態度を改めて示している」と述べ、外交ルートを通じて日本側に抗議したことを明らかにしました。

そのうえで趙報道官は「日本側は侵略の歴史を直視し、反省するという約束を確実に守り、軍国主義と決別して、実際の行動によってアジアの隣国と国際社会の信頼を得るべきだ」と主張しました。