強い寒気 各地で冷え込み 11月並みの寒さに

これまでの暖かさとは一転して、暖房が必要な寒さとなったところも多くなりました。この時期としては強い寒気が流れ込んでいる影響で、18日の朝は全国的に今シーズン一番の冷え込みとなり、11月上旬から中旬並みの寒さとなっているところもあります。

気象庁によりますと、上空にこの時期としては強い寒気が流れ込んでいる影響で、17日は北海道の稚内市と旭川市、それに網走市で初雪が観測されました。

18日朝は、北日本の日本海側や山沿いで雨や雪が降っているほかは広い範囲で晴れているため、地表の熱が奪われる放射冷却現象が起きて冷え込んでいます。

午前7時までの最低気温は、▽北海道標茶町でマイナス5.6度、▽北海道帯広市でマイナス1.1度、▽盛岡市で3.5度、▽奈良市で8.8度、▽東京の都心でも9.2度と10度を下回るなど、各地で11月上旬から中旬並みの寒さとなっています。

また、福島と山形の県境にある吾妻山や群馬県の武尊山などで初冠雪を観測しました。

北日本の標高の高い場所では路面の凍結に注意が必要です。

日中は気温が上がり、最高気温は福岡市や大阪市は22度と、西日本では平年並みと予想されていますが、▽東京の都心で18度、▽仙台市で15度、▽北海道旭川市で9度などと東日本や北日本では11月上旬並みと予想されています。