サッカー ACL 名古屋は準々決勝敗退 ポハンに0対3で敗れる

サッカーのアジアナンバーワンクラブを決めるACL=アジアチャンピオンズリーグは、17日、韓国で準々決勝が行われ、日本勢で唯一勝ち残っていた名古屋グランパスは韓国のポハンに0対3で敗れ、準決勝進出はなりませんでした。

グランパスは、前半を0対0で終えましたが、後半、コーナーキックから先制を許し、その後も2点を奪われて0対3で敗れました。

日本のチームは、これですべて敗退しました。