岸田首相 福島第一原発を視察 廃炉作業などの説明を受ける

東日本大震災の被災地を視察している岸田総理大臣は、東京電力福島第一原子力発電所を訪れ、廃炉作業の状況などの説明を受けました。

東日本大震災の被災地の視察で岩手と宮城を16日に訪れた岸田総理大臣は、17日福島に入り、午前中、東京電力福島第一原子力発電所を訪れました。

岸田総理大臣は、1号機から4号機までを見渡せる高台で、福島第一廃炉推進カンパニーの小野明代表から廃炉作業の状況や、処理水の成分などについて説明を受けました。

そして、岸田総理大臣は「廃炉が復興の前提なので、地元の信頼関係を大事にして、しっかり作業を進めてもらいたい」と述べました。

このあと福島県浪江町に移動し、東日本大震災で犠牲となった人たちの慰霊碑を訪れ、献花台に花を手向けて黙とうをささげ、亡くなった人たちを悼みました。

岸田総理大臣は、午後は、富岡町で復興に向けた取り組みなどについて、住民と車座で意見を交わすことにしています。