兵庫 尼崎 28歳女性刺殺事件 元夫を確保 バイクで逃走か

15日夜、兵庫県尼崎市で28歳の女性が刺されて殺害された事件で、現場からバイクで逃走したとみられる元夫の身柄を兵庫県西宮市で確保したことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は元夫から詳しく事情を聴いています。

15日午後8時半ごろ兵庫県尼崎市昭和通のマンションの駐輪場で、このマンションに住む事務員の森本彩加さん(28)が男に刃物のようなもので刺されて死亡しました。

森本さんを刺したとみられる男は現場からバイクに乗って逃走し、警察が殺人事件として捜査していましたが、捜査関係者によりますと現場周辺の防犯カメラには30代の元夫と似た人物が写っていて、逃走に使われたとみられるバイクも見つかったということです。そして、16日午後兵庫県西宮市で、元夫の身柄を確保したということです。

警察は元夫から詳しく事情を聴いています。