新型コロナ アクリル板越しの会話などを支援 技術開発広がる

新型コロナの感染対策が続く中、電機メーカーの間では、アクリル板越しや遠隔での会話を支援する技術の開発が広がっています。

このうち、京セラは、マイクで集めた音声をリアルタイムで文字に変換し、スクリーンに字幕として表示する技術を開発しました。

反対側から読めるよう文字は反転して映し出され、アクリル板越しの会話を助けることができ、役所や空港の窓口などでの活用を想定しているということです。
また、三菱電機は、タブレット端末に向かって話し画面をなぞると、その軌跡に話したことばを文字として表示できるアプリを開発していて、遠隔でのコミュニケーションに使えるようにと、複数の端末で画面を共有できるようにしました。

話したことばを外国語に翻訳して表示することや筆談の機能もあり、外国人や聴覚に障害がある人とも円滑にやり取りできるということです。

三菱電機統合デザイン研究所の阿部敬人所長は「教育現場などで幅広く活用いただけるシステムだ」と話していました。
このほか、シャープも、アクリル板越しの会話を聞こえやすいように音声処理する機器を開発するなど、電機メーカーの間でウィズコロナでのコミュニケーションを支援する技術の開発が広がっています。