日大背任事件 逮捕の理事 資金“還流”の疑い 関与隠す工作か

日本大学の付属病院の建て替え工事を巡り、大阪の医療法人側に2億円余りの資金を流出させたとして逮捕された大学の理事が、直前に知人に売却した会社宛てに資金を送るよう、医療法人側に要求していた疑いがあることが、関係者への取材で分かりました。
流出した資金の一部は事実上、理事本人に還流した疑いがあり、東京地検特捜部は、自分の関与を隠すための工作だったとみて、経緯を調べているものとみられます。

日本大学の理事の井ノ口忠男容疑者(64)と大阪市に本部がある医療法人「錦秀会」の前理事長、籔本雅巳容疑者(61)は日本大学の付属病院の建て替え工事を巡り、大学から医療法人側に2億円余りの資金を不正に流出させ、大学に損害を与えた背任の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。

この事件では、資金流出のあと、医療法人側から井ノ口理事の知人の会社に6600万円が送金された疑いがあることが分かっています。

この会社は理事が直前に知人に売却した都内のコンサルタント会社で、理事はここを送金先にするよう医療法人側に要求していた疑いがあることが関係者への取材で新たに分かりました。

理事本人にはこの会社を通じて最終的に現金2500万円が渡っていた疑いがあり、特捜部は、流出した資金の一部を、事実上、還流させることが発覚しないよう送金を受ける会社の代表の名義を変更したとみて、詳しい経緯を調べているものとみられます。

関係者によりますと、井ノ口理事は逮捕前の特捜部の任意の事情聴取に対し、不正への関与を否定していたということです。
一方、自宅が捜索を受けた日大の田中英壽理事長はこれまでの特捜部の任意の事情聴取に対し、自身の関与を否定し、大学は損害を受けていないとして、大学として被害届を出す意思がない考えを示しているということです。