世界最大級「メタネーション」実証事業開始へ INPEXと大阪ガス

脱炭素社会の実現に向けて資源開発大手、INPEXと大阪ガスは、二酸化炭素と水素を使ってメタンを作り出す「メタネーション」と呼ばれる技術を活用した世界最大級の製造拠点を整備し、低コスト化に向けた実証事業を新潟県で始めることになりました。

メタネーションは二酸化炭素と水素を合成して都市ガスの主な原料となるメタンを作り出す技術で、合成の段階で二酸化炭素を取り込んでいるため、実質的に排出ゼロとみなすことができる計画です。

INPEXと大阪ガスは新潟県長岡市のガス田から出る二酸化炭素を使って、合成メタンを製造する実証事業を始めることになりました。

2024年度中に年間で1万世帯が使う都市ガスをまかなえるだけの合成メタンの製造を目指し、世界最大級の規模になるとしています。

メタネーションをめぐっては、政府は2050年に都市ガス全体の90%以上を合成メタンから作り出す目標を掲げていますが、費用が高いことが課題で、両社は、今回の実証事業を通じてコストの低減を目指したいとしています。

INPEXの石井義朗常務執行役員は記者会見で「脱炭素社会の実現に向けた変化に積極的に対応し、エネルギー転換のパイオニアになることを目指す」と話していました。