ワクチン接種者など行動制限緩和の実証実験公開 観光庁

新型コロナウイルスのワクチンを接種した人などを対象にした行動制限の緩和に向けて、観光庁が旅行会社と連携して行っている実証実験の様子が、15日、羽田空港で報道陣に公開されました。

実証実験は、新型コロナからの日常生活の回復を目指す取り組みの一環として、観光庁が旅行会社と連携しながら進めています。

15日は、羽田空港内にある航空大手のグループの旅行会社の窓口で行われた実証実験の様子が、報道陣に公開されました。

政府は、ワクチンを接種した人や検査で陰性が確認された人を対象に行動制限を緩和していく方針で、実験では、実際に沖縄ツアーに出発する男性が示したワクチンの「接種済証」を、窓口の担当者が本人のものかどうか、顧客リストと照らし合わせて確認していました。

旅行会社「ANAX」の国内旅行事業推進部の鈴木政司マネジャーは「お客様が安心して旅行できる環境を整えていきたいです」と話していました。

一連の実証実験の結果を踏まえ、観光庁は、観光関連の感染対策のガイドラインを新たに作るなど、行動制限の緩和に向けた検討を進める方針です。