甲府 放火2人死亡事件 逮捕の少年「複数の刃物持って行った」

甲府市で住宅が放火され、50代の夫婦とみられる2人の遺体が見つかった事件で、傷害の疑いで逮捕された少年が「複数の刃物を持って現場に行った」などと話していることが捜査関係者への取材でわかりました。警察は、少年が夫婦の長女に一方的な好意を抱いていたとみていて、事件の背景について、さらに詳しく調べています。

今月12日の午前4時前、甲府市蓬沢の住宅が放火され、焼け跡から、この家に住む井上盛司さん夫婦とみられる2人の遺体が見つかった事件では、火が出る直前に、夫婦と同居する次女を殴ってけがをさせたとして、19歳の少年が傷害の疑いで逮捕されています。

警察の調べに対し傷害の容疑を認めていて、捜査関係者によりますと、事件当日に出頭した際には「人を殺してしまった」などと話したということです。

夫婦とみられる2人の遺体には刺し傷があり、現場からは刃物も見つかっていますが、これまでの調べに対し、少年が「複数の刃物を持って現場の家に行った」などと話していることが捜査関係者への取材でわかりました。

警察は関係者の証言などから、少年が夫婦と同居する長女に一方的な好意を抱いていたとみていて、事件の背景について、さらに詳しく調べることにしています。