自治体独自の飲食店などへの時短要請が解除に 対象地域では…

緊急事態宣言の解除後も飲食店などに求められた営業時間の短縮要請などが14日をもって解除され、対象の地域では喜びの声があがる一方、今後の感染状況に不安の声も聞かれました。

広島の街の人たちは…

広島県は、今月1日から14日まで、広島市など県内4つの市と町を対象に集中対策を実施し、酒類を提供する飲食店のうち、県の認証を受けている店は午後9時まで、それ以外の店は午後8時まで営業時間を短縮するよう要請していました。

集中対策が終了したことについて、60代の会社員の男性は、「飲み会に行けずつらかったですが、これからは感染対策をしながら楽しみたいと思います」と話していました。

20代の女子大学生は「これまで自宅で過ごし、寂しさを感じることがありましたが、これからは友達と会食や旅行を楽しみたいです」と話していました。

20代の会社員の女性は「感染して、職場に迷惑をかけられないので、外食はもう少し感染状況を見てからにしたいです」と話していました。

70代の自営業の男性は「友人から来週飲み会の誘いがあり、楽しみにしています。行政には医療体制を強化してもらい、私たちも3密を避けて、コロナ禍を乗り切りたいです」と話していました。

福岡の街の人たちは…

福岡県も新型コロナウイルスの感染拡大防止対策の一環として独自に行っていた飲食店への営業時間短縮の要請などが、14日をもって終了しました。

県内の飲食店では営業時間や酒の提供の制限が全面的に解除されましたが、福岡市の街の人からもさまざまな声が聞かれました。

20代の男性は「休みの日などは外で時間を気にせず遊べます。居酒屋で働いていて、自粛解除されたらやりがいもあるのでうれしいです」と話していました。

50代の女性は「感染予防がしっかりしている飲食店には行きたいです。景気が回復して、みんなが楽しくコミュニケーションを取れたらいいかなと思います」と話していました。

一方、70代の女性は「複雑な気持ちです。飲食店が大変だから解除になるのはしかたないですが、ある程度みんなが気をつける気持ちを持ち、この間に医療体制の充実などをしてほしいです」と話していました。

60代の男性は「世の中がいい方向にいけたらいいと思います。自分自身は、感染したら家族にうつしてしまうこともあると思うので、今までどおり飲食店は控えたいと思います」と話していました。

おしぼりのレンタル会社では…

福岡市内のおしぼりのレンタル会社では、飲食店向けの需要が増すとみて、今後の売り上げの回復に期待感を高めています。

福岡市博多区にあるおしぼりのレンタル会社は、県内の飲食店およそ1400店にレンタル用のおしぼりを出荷しています。

会社によりますと、新型コロナの感染拡大に伴って8月に緊急事態宣言が出されて以降、おしぼりの需要は激減しましたが、9月30日をもって宣言が解除されたあとは回復傾向に転じ、今月は14日の時点で、すでに9月分のおよそ3倍に増えているということです。

今後はさらに需要が増すとみています。

会社の作業所では従業員が回収したおしぼりを専用の洗濯機で洗ったあと、おしぼりに汚れがないかを確認し、包装していました。

おしぼりのレンタル会社の狩峯康俊 統括部長は「長期間の飲食店の休業で大きな影響を受けていたので全面解除は大変うれしく思います」と話し、今後の売り上げの回復に期待感を高めていました。

福岡 天神の屋台では…

福岡市の天神にある屋台では15日からの通常営業に向けた準備に追われていました。

屋台の店主、帆本秀生さんは、9月30日に緊急事態宣言が解除されたあと営業を再開しましたが、福岡県の要請に従って時間を短縮して営業していました。

そして、福岡県の要請も14日をもって、全面的に解除されたことを受けて、15日から深夜までの営業にしました。

夕方には屋台を所定の位置に据えて食材の準備などを進めました。

帆本さんは、来店者の増加を見越して食材をこれまでの2倍の量を準備したということです。

また、焼き鳥の焼き台をこれまで使用していたものよりも大きいものに取り替えたり、従業員を1人増やして3人体制にしたりして、準備を進めたということです。

帆本さんは「これまでは午後9時ぐらいにお客さんが来られて断ったこともありましたので、そうしたお客さんを入れられると思うとうれしいです。長かったですが、ようやくこの日が来たので、屋台の文化を盛り上げていけるように頑張りたいです」と話していました。

北九州の酒店では…

北九州市の酒店では、短縮要請の期間中は休業していた店からも注文が相次ぎ、対応に追われています。

門司区にある酒店では、およそ300の飲食店と取り引きをしていて、飲食店への売り上げが全体のおよそ9割を占めているということです。

緊急事態宣言が解除され、今月1日から飲食店の酒の提供が可能になってからは、売り上げは以前の8割ほどに戻ったということですが、営業時間の短縮要請でスナックなど取引先の一部は休業を続けていました。

15日からはそうした店も営業を再開したため、酒店には早速酒の注文が相次いでいて、従業員は商品の準備や配達に追われていました。

酒店の島田一輝店長は「やっとこの日が来たかという感じです。この2か月は今まで経験したことのないような日々だったので、商売ができるうれしさを感じています。新たな気持ちで皆さんが笑顔で毎日を送れるようがんばっていきたい」と話していました。

岐阜県の繁華街にある飲食店では…

岐阜市や大垣市など、岐阜県の8つの市と町の飲食店が対象となっていた営業時間の短縮要請が、およそ2か月ぶりに解除されたことを受けて、岐阜市の繁華街の飲食店からは歓迎するとともに「感染対策を徹底したい」という声が聞かれました。

このうち玉宮地区にある居酒屋は、要請を受けて閉店時間を午後9時にしていましたが、15日から深夜0時に戻すことにしました。

店長の若林茂さんは「夜のみの営業なので時短で客が大幅に減って大変だった。営業時間が延びて多くの客が来ることを期待しているが、感染対策も怠らないようにしたい」と話していました。

閉店時間を午後11時に戻す別の居酒屋の店長の青城匠兵さんは「今晩はもう予約で埋まってうれしい。ただ、第6波が来るのではないかと思うと、安心はできない」と話していました。

40代の男性客は「長い間、夜遅くまで外で酒を飲めなかったのでうれしい。感染対策を徹底して遅くまで飲みたい」と話していました。

飛騨 高山では…

新型コロナウイルス対策として岐阜県が飲食店に求めていた営業時間短縮の要請などはおよそ2か月ぶりに解除されました。

岐阜県は影響が特に深刻になっている観光業界を支援するため、県民を対象にした県内旅行の割引キャンペーンを始め、飛騨地方にある高山市では観光客の増加を期待する声が聞かれました。

土産物店を営む男性は「緊急事態宣言中は閑散としていました。宿泊客が増えると、朝から夕方までにぎわうので、多くの観光客が来ることを期待しています」と話していました。

別の土産物店の女性従業員は「観光客は少しずつ増えてきましたが、まだ少ないのでもっと多くの人に訪れてもらえるとうれしいです」と話していました。
感染対策として定員を8割に減らして営業している高山市中心部の旅館は、緊急事態宣言の解除以降、週末は予約でほぼ定員いっぱいとなりつつありますが、平日は2割ほどしか埋まっておらず、キャンペーンが旅行の呼び水になることを期待しています。

おかみの山下良子さんは「かつて外国人観光客の予約が多かった平日は、今も予約があまり入らず厳しい状況です。県のキャンペーンを利用して平日の宿泊客が増えることを期待しています」と話していました。