台湾 46人死亡のビル火災 1階部分から出火か

14日、台湾南部でビルから火が出て46人が死亡した火事で、現地の当局は、建物の1階部分から火が出たと見て、周辺の監視カメラの映像を取り寄せるなどして出火の原因を調べています。

14日、台湾南部の高雄にある店舗と居住エリアが一体になったビルから火が出て住民など46人が死亡し、41人がけがをしました。

現地のメディアは当局者の話として、ビルが40年ほど前に建てられ、住民の多くが高齢者だったことや、日の出前の暗い時間帯に出火したことなどが大きな被害につながったという見方を伝えています。

また、建物の1階から6階まではもともと店舗として利用されていましたが、建材や内装に現在の消防の基準に合わないものが使われていたため火の勢いが強くなった可能性があるということです。

現地の消防は14日夜の発表で、建物の1階部分から火が出たと見ていることを明らかにしていて、警察は周辺に設置されているすべての監視カメラの映像を取り寄せるなどして当時の状況や出火の原因を調べています。