3人死亡事件 容疑者が一方的に恨み募らせ犯行か 愛媛 新居浜

13日、愛媛県新居浜市の住宅で3人がナイフで刺されて死亡した事件で、銃刀法違反の疑いで逮捕された53歳の容疑者が「自分は攻撃を受けている」などと供述していて、一方的に恨みを募らせた可能性があることが、捜査関係者への取材で新たにわかりました。

13日午後5時半すぎ、愛媛県新居浜市の住宅で、この家に住む岩田健一さん(51)と父親の友義さん(80)、母親のアイ子さん(80)の3人が、ナイフを持った男に刺され、死亡しました。

警察は、ナイフを持って現場にいた、健一さんの元同僚で、住所不定 無職の河野智容疑者(53)を銃刀法違反の疑いで逮捕しました。

河野容疑者は調べに対し「殺すつもりでナイフを持っていた」と容疑を認めたうえで「自分は攻撃を受けている」などと供述していることが、捜査関係者への取材で新たにわかりました。
警察は、容疑者が一方的に恨みを募らせた可能性もあるとみて、慎重に捜査を進めています。

また14日は、容疑者のものとみられる軽自動車が現場の近くで止まっているのが見つかりました。

警察によりますと、車上生活をしていた可能性もあるということで、警察は車を押収し、事件までの行動についても調べています。