山口フィナンシャルグループ 吉村取締役の解任提案へ

山口銀行などを傘下に置く山口フィナンシャルグループは、14日の取締役会で、前の会長で現在は取締役の吉村猛氏に対し、辞任勧告決議を可決しました。

会長時代をめぐる調査で権限を逸脱する行為があったと指摘されたためですが、吉村前会長は勧告を受け入れなかったため、会社側は臨時の株主総会を開き、取締役の解任を提案することにしています。

関係者によりますと山口フィナンシャルグループは14日、取締役会を開き、取締役の吉村猛氏に対する辞任勧告決議を可決しました。

吉村氏は、ことし6月の株主総会のあと「十分な社内合意がないまま新規事業を進めた」などとして会長とCEOの職から解かれ、代表権のない取締役を務めています。

その後、会社が行った調査では消費者金融大手と共同で新たな銀行を設立する計画を水面下で進めていたことについて「権限の逸脱があった」などと指摘され、経営体制の改善が求められていました。

勧告決議は、吉村氏本人を除く9人の取締役全員が賛成して可決されましたが、前会長は勧告を受け入れませんでした。

このため、会社側は臨時の株主総会を開き、取締役の解任を提案することにしています。

銀行で元経営トップに対して辞任勧告決議が可決されるのは、極めて異例です。